原材料

JOJOBA-ホホバ
ホホバは北アメリカ原産の低木植物で、主に砂漠や山脈などに生息しています。乾燥地帯の気候に耐えられるよう、水分の放出を防ぐためにワックスエステルという成分の層で表面を覆い、自身で保湿制御をしている優秀な木です。種子から抽出されるのがホホバオイルで、ネイティブアメリカンはホホバオイルを 【黄金の液体】と称して珍重していました。現在では北アメリカに限らず、広く商業的に栽培されています。

 

ROSEHIP-ローズヒップ
ローズヒップとは、バラの果実のことです。 バラにも多くの品種があるため、ローズヒップも赤やオレンジ、黒などさまざまですが、現在生産されているものは、主にドッグローズと呼ばれている品種から採取されたものです。この種から抽出するオイルは、1kgのローズヒップからわずか3gしか取れない大変稀少なものです。
美容の品以外では、食用としてジャムやハーブティーなどに用いられています。

 

ARGAN-アルガン
アルガンはモロッコの半砂漠地域に生息する木で、その高さは8m~10mほどに及びます。 暑さや乾燥に強く数年間一滴の雨が降らなくても耐えるといわれ、その強さから「鉄の木」「生命の木」などの別名があります。 オリーブに似た緑色の実を付け、その中にある硬い種を割り、仁核をすりつぶすことでアルガンオイルが採取できます。 このオイルを採取する作業がモロッコの女性にとっての数少ない収入源となっており、女性自立の象徴としても扱われています。
TOP
ページへリンク
WEBショップページへのリンク
スプリングフィールズ 販売店舗一覧のページへのリンク

 

FOLLOW US

フェイスブックへのリンク
ツイッターへのリンク
インスタグラムへのリンク